忍者ブログ

ブラックアウト寸前

増え続ける細胞の音を聞いた気がしてあまりの生命力に思わず息を止めてみた

2017'08.18.Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'05.01.Tue
ある日突然消えてしまった男がいる。
もともと存在感があれだけあるにもかかわらず、すっと気配を消せるまるで猫みたいな男だった。なんでそうやって周りとの関係を絶とうとするのかと一度聞いたことがあったようにおもう。
「居なくなってから気付いたら遅かった、ってことにせんためじゃあ」
そういってくすぐったそうに笑った男、仁王は、どこかへ消えてしまった。
コートにも校舎にも部室にもどこにも彼の気配は残っていない。
あれだけ部員と親しそうにしていたにもかかわらず誰にも気付かれることなく彼はそっと消えてしまった。

私は彼の気配がどこかに残っていやしないだろうかと毎日学校で、行き帰りの道で彼の名残を探す。
校舎の裏、部活帰りに飲み食いしていた小さな商店、彼と別れるいつもの橋のたもと。

彼は上手くやる男だ。誰にも気取られずに消えた。
ただ
私という半身だけは騙しきれなかったようだ。


彼は何処にも居ない、ただ私の記憶の中だけに今も住み続ける男がいる。
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
[12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2
«  BackHOME : Next »
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
あこ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]